しゃぶしゃぶとは

しゃぶしゃぶは、肉や野菜を、専用の鍋で沸かした湯にくぐらせ、ポン酢やゴマだれにつけて食べる鍋料理です。
元々は、夏に売上の落ちる焼肉店が対策として売り出したといわれていますが、
今では冬の定番料理として大変人気があります。

肉・野菜をシンプルに味わう

しゃぶしゃぶは他の鍋とは大きく違い、食べる直前まで具材に火を通しません。
熱の通りが良いように肉はごく薄く切られていて、独特のとろけるような食感を味わえます。
具材には鶏肉や羊肉のほか、フグやタコ、カニなどの魚介類が用いられることもあります。
しかし、やはり代表的なのは牛肉や豚肉でしょう。お肉の旨さが存分に味わえるしゃぶしゃぶは、肉料理の中でも一、二を争うほどの人気ではないでしょうか。

シンプルなだけに具材の旨みを味わうにはうってつけの料理で、お肉だけではなく野菜もおいしく味わえます。湯にくぐらせ軽く火を通すことで甘みがぎゅっと濃縮され、さらにおいしく感じられるのです。
引き出された野菜の旨さは、お肉の旨さをより一層引き立ててくれます。

牛肉

豚肉

野菜

ヘルシーな料理

しゃぶしゃぶはヘルシーな料理としてもおすすめです。
沸騰したお湯に肉をくぐらせることで、余計な脂肪分がとれ、
ほかの肉料理と比べてカロリーが控えめになっています。
また、お肉と一緒に豊富な野菜を食べれば、栄養バランスにも優れた健康食でもあります。

しゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶの歴史

実は、しゃぶしゃぶは日本で始まった料理ではありません。
原型となる料理は中国の「シュワンヤンロウ」という羊肉の料理だといわれています。
日本ではクセの強い羊肉を牛肉・豚肉に換えて広まりました。

今ではおなじみの「しゃぶしゃぶ」という料理名。一見変わった「しゃぶしゃぶ」という料理名は、大阪のスエヒロというお店が発案しました。
タライの中でおしぼりをすすぐ様子とお肉をお湯にくぐらせる様子とがよく似ていることから名づけられたそうです。

スエヒロの店主は「しゃぶしゃぶ」という料理名がどの店でも使えるように配慮し、登録商標を「肉のしゃぶしゃぶ」としたそうです。そのおかげもあって、しゃぶしゃぶは多くの人に受け入れられ、大人気の料理となっています。

しゃぶしゃぶセット

地元の良質豚肉を産

しゃぶ家でおすすめしているのは
ブランド豚として全国的にも有名な
「みちのくもち豚」です。
地元宮城の大河原から直送されていますから、
新鮮そのもの。
「みちのくもち豚」は大変やわらかく、
脂身がサッパリとしていて甘みがあり、
ビタミンEが豊富に含まれています。
しゃぶしゃぶで味わうことで
「もち豚」の良さがいっそう際立ちます。

美味
大変やわらかく、
脂身がサッパリとしていて
甘みがあります。
豚肉特有の臭いもなく、
疲労回復や高血圧予防、
美容等に効果があるといわれている
ビタミンEが一般的な豚の
7倍も含まれています。
きめの細かいやわらかさと、
ほんのりと甘みのある奥深い香りは
牛肉にも負けない味わいです。
厳選
飼育生産から製造、流通、販売まで
徹底した衛生管理のもと届けられる
「みちのくもち豚」。
脂の厚さ、肉のしまり具合など
厳しい規格があり、
食肉市場を通さず特定の
問屋だけに販売されている
貴重な豚肉です。
安心
安全でヘルシーな豚肉を生産するために、
もち豚の飼料は専属の工場で
大豆粕など
厳選された天然植物素材を
ベースに作られています。
さらに、地元宮城からの産地直送。
新鮮さが違います。

もち豚

徹底した飼養管理・生産方法

「健康な豚づくり」=「薬に頼らない豚づくり」=「安心・安全な豚づくり」を
コンセプトに育てられたのが「みちのくもち豚」です。
「ストレスがなく、病気にかからないで、すくすくと元気に育った豚」は美味しくて当たり前のはず。
そんなもち豚の飼育管理環境をご紹介します。

安全と美味しさを両立す

みちのくもち豚は「徹底した衛生管理で薬に頼らないシステム」のもとで飼育されています。基本的に従業員以外の人間は農場内に立入禁止。入る場合はシャワーを浴び、農場指定の下着に着替え、持ち込むものをすべて殺菌消毒していただくという環境。 当然、従業員も必ずシャワーを浴びて着替えて入ります。また、一度屋外に出れば、再びシャワーを浴びてから入ります。 農場間・豚舎間においての豚の移動・人の移動・車輌の移動も一方通行になっており、衛生レベルで低い方か高い方への移動は一切できません。 以上のように衛生レベルを保つ取り組みは、平成16年に「第33回日本農業賞」の大賞を受賞するという実績がある程。「徹底した衛生管理で薬に頼らないシステム」が、みちのくもち豚の安全な美味しさを生み出しているのです。

ストレスを減らす環境

みちのくもち豚は、温度、湿度、空気(換気)、水、餌を、豚の大きさに合わせて適正・適量にきめ細かく管理し、ストレスをできる限り排除した環境で育てられています。センサーによる自動管理システムと熟練した管理者の目で常に快適な環境を整えているのです。
豚の増体に対しても同様に大きな要因となる環境ストレスを減らし、のびのびと育てているからこそ、ふくよかな味わいがうみだされています。

高品質の飼料

飼料は農場が独自に配合・設計したものを与えています。高品質のトウモロコシなどの植物原料をベースにした飼料で育ち、出所の分からないモノや、添加物としての抗生物質は一切口にしていない豚が皆様のお席に届きます。

選びぬかれた品質

みちのくもち豚は、選び抜かれた豚の掛け合わせによって誕生しました。もととなる豚を探すため何度も欧米諸国に足を運び、何種類もの品種の掛け合わせに試行錯誤を重ねたそうです。
もち豚の親となる豚は、人間のカンや経験に頼るだけでなくコンピュータで毎日複雑な計算を行い、より良いものが選び出されています。こうした作業を毎日続けてきた結果、品質が向上しバラツキのないものが提供されているのです。

8種のだしで味を楽しむ

しゃぶ家ではお肉や野菜をくぐらせるだしを8種類ご用意しています。
セットやコースに含まれているしゃぶしゃぶは、どれも最初にお好きなだしを選んでいただきます。
もちろん、単品で鍋を頼む場合もだしの選択は自由。
どれもおすすめで、お肉や野菜のいろいろな表情を楽しめます。8種類のだしをぜひご賞味ください。

昆布だし
北海道日高産のだし昆布を使用。
素材の美味しさを引き出す基本です。
おすすめ
大根おろしのおだしです。
もち豚によく合い、おすすめです。

昆布出汁とみぞれ出汁

すき焼きだし
牛にも豚にもよく合う
あっさり仕上げた本格割下風おだし。
蔵王地鶏卵 1個 50円はすき焼きだしに
ぴったり!
地鶏塩だし
地鶏をじっくり煮込んだスープを
ベースに、
こんぶ・かつお・塩で味を整えた
あっさり塩味。

すき焼き出汁と地鶏出汁

豆乳だし
無調整の豆乳を使った、
湯葉ができる贅沢おだし。
最後の〆は豆乳リゾット。
お一人様+100円
辛味噌だし
辛さの中に深みがある絶品辛味噌。
一度食べるとクセになるおだし。
お一人様+100円

豆乳出汁と辛味噌出汁

とんこつだし
豚の旨みを存分に引き出したおだし。
〆のお食事にもぴったりです。
お一人様+100円
にんにく味噌だし
もつ鍋用のスープを使った、
体があたたまるおすすめだし。
お一人様+100円

にんにく味噌出汁ととんこつ出汁

だしの楽しみ方

丸鍋を使って1種類のだしをじっくり楽しむもよし。二食鍋で2種類のだしで食べ比べするのもよし。
もちろん、8種類のうち組み合わせは自由自在です。お好きなだしをお選びください。

※だしの追加は無料です。
※上記のだしのお値段はお一人様のものになります。
※鍋の交換(だしの交換)は有料となります。

丸鍋
「おだし」をしっかり味わいたい
本格派さんにおすすめ!
2食鍋
1度に2つの「おだし」を楽しみたい
欲張りさんにおすすめ!

店舗紹介

大和町本店

しゃぶ家本店
掘りごたつ席、テーブル席、テラス席がございます。
落ち着いた店内はファミリーでもカップルでも。
性抜群のお肉料理
「仙台みちのくコース」

大和町本店

一番町店

一番町店
一番町アーケード内、村上ビル2階にあるしゃぶしゃぶ専門店。
カーテンで仕切った個室風空間は、女子会やデートにも。
一番町店
お肉料理

一番町店

© SHABUYA.

Top